湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年9月の一覧次のレポート>>>

2018:09:02:10:00:01[18.09.02]

JPTシリーズ第17戦 第8回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ

開催日:2018年9月2日
開催地:渡良瀬遊水地内谷中湖北ブロック
レース形式:タイムトライアル 5.3km/3周 15.9km
 
【レース結果】
1位 窪木 一茂(チームブリヂストンサイクリング) 19:41.09 av48.42km
2位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン) +00:01
3位 佐野 淳哉(マトリックスパワータグ) +00:42
4位 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン) +00:44
5位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +00:45
6位 才田 直人(LEOMO Bellmare Racing Team) +00:48
 
【レース展開】
前日のチームタイムトライアルを6位という好成績で終えたLEOMO Bellmare Racing Team。その好調な流れをもってJプロツアー第17戦 第8回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップに挑んだ。前日とは異なり今回は個人でのタイムトライアル。チームタイムトライアルと同じ渡良瀬遊水地に設定された1周5.3kmの周回路を3周回する15.9kmのコースを各選手の個人のチカラのみで走り抜ける。
 
前日と同様にこの日も雨の予報ではあったが、上空の雲がギリギリ雨粒を落とさないままJプロツアーのレースがスタート。チームの第1走者の岩瀬選手が第3ウェーブでコースに入り、22分40秒8でフィニッシュした。続く第4ウェーブで小嶋選手が出走。小嶋選手はトップから2分3秒遅れの21分45秒5。同じく第4ウェーブの最終走者で米谷選手が出走。21分27秒9のタイムは昨年のタイムを20秒程縮める好成績となった。最終ウェーブとなる第5ウェーブに才田選手が出走。米谷選手の周回中にポツポツと落ち始めた雨は、この頃から大粒の雨となって路面を完全なウェット状態にする。水しぶきを上げながら走行する才田選手は予想以上の好タイムで周回を重ね、最終的には20分30秒7でトップから48秒遅れの6位に入った。
 
【宮澤監督から】
結果のみで評価される個人タイムトライアル。才田はここ数年目標にしていた鈴木譲選手よりも早いタイムが出た事、20分のパワーも357Wと高い値が出た事、LEOMO Type-Rのデータを見るとサドルの座り直しが今までよりも激減した事など良い点が多く見られた。LEOMO等のスポンサーの支援で走りが良くなっているし、今回の順位は良かったと思う。米谷は体調に不安を抱えるレースでは合ったが良い結果を出した。小嶋については2分というタイム差は使用機材がロードバイクだったとしても良い結果とは言えないだろう。岩瀬は独走力が試される個人TTが今後最も大きな課題になりそうだ。
 
cr180902_01_01.jpg
 
cr180902_01_02.jpg
 
cr180902_01_03.jpg
 
cr180902_01_04.jpg


<<<前のレポート2018年9月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内