湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2016年8月の一覧次のレポート>>>

2016:08:11:10:11:00[16.08.11]

JPTシリーズ第13戦・第8回 JBCF みやだクリテリウム

開催日:2016年8月7日(日)
開催地:長野県宮田村
レース形式:クリテリウム/公道 特設周回コース 1周/3.2km
出場:才田直人、中里仁、小清水拓也、横塚浩平、古田潤、加地邦彦、宮澤崇史
 
【レース結果】
1位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (Team UKYO) 48m32s 39.55km/h
2位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) st
3位 入部正太朗 (シマノレーシングチーム) st
4位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) st
5位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) st
23位 横塚浩平(LEOMO Bellmare) +2m27s
38位 中里仁(LEOMO Bellmare)+2m59s
 
【レース展開】
ヒルクライム後、選手は地元のお祭りで賑わう伊那市を散歩し、リオオリンピックの放送をみたい気持ちを我慢して、心の中でTeam JAPANを応援しながら就寝した。
翌朝、新城選手の結果を見て選手一同、自分たちのレースに向けて集中力を高める。
レースは炎天下の暑さの中、チームテントの下が唯一の避暑地となり、選手は熱中症にならないように、氷と水で体を冷やしながらレースを待つ。
コースは8の字型のコースで、直線の長い場所で500mほどしかない。
コーナーに次ぐコーナーで、集団は前に位置どりしないとレースには加われない。その上、勾配はきつくないがアップダウンしかないコースは、足を使わないと走りきることすらできない。
予選は2組に別れ、1組目から決勝に上がったのは宮澤と中里の2名
予選2組目から上がったのは、横塚選手のみだった。
決勝は3名でのエントリー。
逃げでレースは決まると判断していたので、集団前方でアタック合戦を繰り返し、宮澤は中里のサポートをしながら進む。50人いた集団も10名がリタイア。中盤に集団から2名が抜け出し、それを追いかけた追走がパラパラと前に集団を作り、真っ二つに別れる展開となる。
横塚、中里の2名とも前の集団に残ることができず追いかける展開となった。
そのまま追いつかないままレースは進み、集団ゴールとなった。
 
【監督から】
中里選手は良いレースと体調のよくないレースの差が大きく、コンディションにばらつきがある事が不安要素となっている。決勝では、稲花粉が発症してしまったが、そんな状況でも乗り越えて欲しい。
横塚選手は、少しづつ走れるようになってきているが、アタックするまでの余裕がまだない。次のレースでは、攻撃を仕掛けながらも集団に残る走りを期待している。 
 


<<<前のレポート2016年8月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内