湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2016年10月の一覧次のレポート>>>

2016:10:03:12:27:23[16.10.03]

JPTシリーズ第18戦・第1回 JBCF まえばし赤城山ヒルクライム

開催日:2016年9月25日
開催地:群馬県前橋市
レース形式:ヒルクライム/公道 20.8km
出場:才田直人、中里仁、小清水拓也、横塚浩平、古田潤、
 
【レース結果】
1位 オスカル・プジョル (Team UKYO) 56m29s 22.09km/h
2位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) +10s
3位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +33s
4位 湊諒 (シマノレーシングチーム) +34s
5位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) +36s
12位 才田直人(LEOMO Bellmare)+1'17
30位 横塚浩平(LEOMO Bellmare)+3'57
41位 小清水拓也(LEOMO Bellmare)+5'11
63位 古田潤(LEOMO Bellmare)+8'23
74位 中里仁(LEOMO Bellmare)+9'38
 
【監督から】
エース才田選手は、富士チャレンジで追い込んでいたので、前日のクリテリウムを休んで赤城山ヒルクライムのミニエントリー。
しかし、緩斜面の続く高速な山岳レースに自分のペースをつかめず、攻めの走りというよりは守りの走りになってしまったことが反省点としてあげられる。
反省点は明確になっているので、残り少ないレースに集中して結果を出して欲しい。
横塚選手はポジションを大きく変え、結果に対してはそれほど期待はしていなかったので、こうした高強度のレースの中で走りを作っていって欲しいと感じている。
古田選手は腰の故障からの復帰が長引いているが、今回のヒルクライムで痛みが出なかったことはよかった。一定ペースで走る強度の高いカラダ作りが今後の課題になってくる。
ヒルクライムが得意な選手が少ない中、エース才田の走りに力になれるチーム力をつけていって欲しい。
 


<<<前のレポート2016年10月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内