湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2017年9月の一覧次のレポート>>>

2017:09:26:11:25:09[17.09.26]

JPTシリーズ第12戦 第1回JBCF大田原クリテリウム

<JPTシリーズ第12戦 第1回JBCF大田原クリテリウム>
開催日:2017年7月29日
開催地:栃木県大田原市
距離:2.5㎞/26周 65km
 
【レース結果】
1位 小野寺 玲 (宇都宮ブリッツェン) 1:32:20  av37.36
2位 吉田 隼人 (マトリックスパワータグ) +00:00
3位 水谷 翔 (シマノレーシング) +00:00
4位 下島 将輝 (那須ブラーゼン) +00:01
5位 鈴木 譲 (宇都宮ブリッツェン) +00:01
---
9位 横塚航平 (LEOMO Bellmare) +00:02
21位 古田潤 (LEOMO Bellmare) +00:11
43位 米谷隆 (LEOMO Bellmare) +00:37
70位 才田直人 (LEOMO Bellmare) +01:20
 
【レース展開】
雨が降りしきる中行われた予選は、1組目は出走選手数が予選通過人数を下回ったためにパレードレースとなり、一方の2組目は3名が予選落ちする通常の予選レースとなった。周回数もそれぞれ3周、8周と異なり、少し不公平な状況ではあったが、LEOMO Bellmareからは全員決勝へ出走となった。
決勝は予選とは異なり、路面も乾いて走りやすくなった。ただ、コーナーの横断歩道の白いライン、マンホールが注意点となった。
レースは細かいアタックと吸収が繰り返される中、中盤に落車が発生してニュートラルとなる。再開直後に阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が単独でアタック。その後は単調な展開で周回数をこなしていく。
LEOMO Bellmareとしては集団をコントロールするマトリックスと一緒に集団コントロールする展開に持ち込もうとするが、混合コントロールする事を拒否されて集団内で走る展開に。
マトリックスのコントロールが進む中、各チームタイミングを計りつつ、逃げる阿部選手とのタイム差をコントロールしながら最終周回へ入っていく。
最終周回に入り、力でコントロール仕切れないマトリックスが最終コーナーでブリッツェンに先頭を奪われ、ゴールへ向かう。
集団内で位置どりを進めたLEOMO Bellmareは、米谷が横塚を良い位置へ上げて横塚のスプリントへ託す。最終コーナーをラインの12番手でクリアした横塚は、前を行く3-4名の選手を抜いたが、9位でフィニッシュ。
 
【宮澤監督から】
マトリックスが集団をコントロールする中で、協調してペースをコントロールする展開が望まれたが、拒否されたことによって各チームのコントロール合戦になってしまった事が展開の決め手となってしまった。
結果的にマトリックスは最後まで主導権を押し通せず、LEOMO Bellmareにコントロールを仕切る力があればよかったが、そこまでの力がなかった事も今後の課題となる。
加えて集団内での「交渉力」も必要と感じたレースとなった。
 
cr170926_01_01.jpg
 
cr170926_01_02.jpg
 
cr170926_01_03.jpg
 
cr170926_01_04.jpg


<<<前のレポート2017年9月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内