湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年6月の一覧次のレポート>>>

2018:06:23:10:00:00[18.06.23]

第87回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース, MJ and MU23

開催日:2018年6月23日
開催地:島根県益田市
 
【レース結果】
■ Men Junior-男子ジュニア 14.2㎞/6周 85km
1位 日野 泰静 (松山城南高校) 2:11'30"
2位 福田 圭晃 (横浜高校) +00'00"
3位 兒島 直樹 (祐誠高校) +00'00"
---
9位 岩瀬 照 (LEOMO Bellmare Racing Team) +00'00"
 
■ Men U23-男子U23 14.2㎞/11周 156km
1位 石上 優大 (AVC AIX EN PROVENCE) 4:10'06"
2位 松田 祥位 (EQADS) +00'56"
3位 大前 翔 (慶應義塾大学) +03'27"
---
DNF 小嶋 渓円 (LEOMO Bellmare Racing Team)
 
【レース展開】
この日は午前中に男子ジュニア(MJ)、午後から男子アンダー23(MU23)が開催されるスケジュール。MJには岩瀬選手が出走しMU23には小嶋選手が出走。天気予報通り、朝から小雨が降る空模様でしたが、広報班もレインウェアを着込むほどではないポツポツ程度の雨。前日の猛暑から開放されて選手も走りやすいのではないかという気温。
 
朝9時にMJの選手達がスタート。
MJカテゴリは14.2kmのコースを6周回し85kmのレースとなる。レース序盤に6名の逃げ集団が形成されるが、岩瀬選手は日野泰静選手(松山城南高)をマークしてメイン集団待機。予想通り、最終周回の6周目の登り区間で日野泰静選手がアタックし、岩瀬選手もメイン集団の先頭で対応していく。結局日野泰静選手の逃げは決まらず集団でのゴールスプリントとなる。岩瀬選手も日野兄弟の後ろにつき、上位が狙える位置でスプリントを開始したが、前走者のトラブルに巻き込まれて失速。9位でのフィニッシュとなった。
 
続いて12時にMU23がスタート。MU23は11周回で156kmのレースとなった。午前中の雨も上がって気温も上昇。雨降り後の気温上昇で蒸し暑い中のレースとなる。MU23もレース序盤に6名の逃げ集団が形成され、小嶋選手はメイン集団内に待機。集団前方で周回数を重ね、周りを見る余裕も持ちながら周回を重ねていった。
しかしレースの2/3が過ぎた6周目、フィニッシュラインを通過するタイミングで前走者と絡んで落車。身体の右側から血を流しながら追走するもレースから降りることとなった。
 
【宮澤監督から】
岩瀬選手は集団内でも落ち着いてレースを進め、レース中盤で起きた集団の分裂にも遅れることはなかった。最終周まで大きな動きがなく集団で入ったが、ここで松田選手がアタック、他の選手を寄せ付けない力強い走りで先行。結局この逃げは吸収されたが、印象に残る動きだった。岩瀬選手は集団スプリントで9位でフィニッシュした。
レース中は落ち着いており、逃げとの差を見ながら集団での位置取りもよかった。最終周回の補給ゾーンでの日野選手のアタックに付いて行って欲しかったが、現状ではその力がなかった。結果的には9位というリザルトだったが、印象の薄いレースとなった。
小嶋選手は序盤に集団内で良いポジションでこなしていたが、前の選手と常に前輪と後輪が重なりながら走る癖があり、今回の落車の原因の1つになった。残念なレースとなった。
 
cr180703_02_01.jpg
 
cr180703_02_02.jpg


<<<前のレポート2018年6月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内